ものぐさ猫ちびと、新たに外猫からウチ猫になったサビちゃんと娘のきなこ。3匹になったニャンズの日常を、写真とマンガで。
2017年01月26日 (木) | 編集 |
最近。
とにかく2階のサビきな部屋に入りたがるちび。

私が階段を上がる音を聞くと、どこからともなくズドドドド~と走ってきます…。(ーー;)

ボクも入れて1
「ボクも入れてニャ~!」

(・・・どーでもいいが、そろそろ入口の戸を張り替えせんといかんな~…(-_-;)スゲー年季入ってきた…)


去年の秋の『流血事件』(戸を閉め忘れて出かけて、猫たち完全どフリーにしてしまい、至る所にサビちゃんのモノらしき血が飛び散っていたというちょっとした事件)みたいになってはいかんので、厳重な監視付きで、しょーがなく入れてやってますが…。


ちびが入るや否や、恐れ知らずのきなこちゃん…。Σ(・_・;)
ボクも入れて2
ちびのしっぽで遊ぶΣ(ω |||)


ボクも入れて3
遊ぶ(゚△゚;ノ)ノ


ボクも入れて4
逃げる(-∀-;)


ボクも入れて5
「ニャンなんだよ、アイツぅ~~?」


不愉快そうなちびですが。
ボクも入れて6
「ま、別に…」


ボクも入れて7
「いいけどさ…。これくらい…」

そうそう。
オニャゴ部屋の洗礼ってことで…。
大目に見てあげて~(^_^;)


ボクも入れて8
してやったり、なきなこと、我関せず、なサビちゃん…。


ボクも入れて9
「最近、デカいおじさんすぐあたしたちの部屋に入ってくるニャア~。気に入らないニャ~」


なんて思っていると、おもむろにちびが移動開始。
ボクも入れて10
「ニャ、ニャンだよ?」
「ニャによ…。どこ行くニョよ?あんまりウロウロしニャイでよねっ」
双方、少しビビり気味なのです。

それにしても、きなこのそばを通るちびのデカいこと


ボクも入れて11
「よいしょっと!」


外を見ることにしたちび。
ボクも入れて12
無心に見ています。


ボクも入れて13
それを見つめる暗殺者の目…(笑)


一方、きなこはちびがいたストーブ前をくんくん。
ボクも入れて14
「ニオイチェックだニャ」



ボクも入れて15
「・・・・・・・・・」

一体なにを嗅ぎ取ったんでしょうかね

とりあえず、私がついてれば共存できるようで…。
たまにサビきなの方から近寄ってきて、お鼻で挨拶したりしてます(´∀`)
ちびは若干怖いようで、引いてますけどね。。。
あと、サビちゃんはあいさつした後「シャアア~!!」と威嚇付きですが(-_-;)
スポンサーサイト