ものぐさ猫ちびと、新たに外猫からウチ猫になったサビちゃんと娘のきなこ。3匹になったニャンズの日常を、写真とマンガで。
2017年03月01日 (水) | 編集 |
きなこが私の膝の上で、アンモニャイトになっております

下敷き1


それをジッと見つめているサビちゃん…。
下敷き2
「・・・・・・・」


と、おもむろに移動開始
下敷き3
・・・え?(ーー;)
な、何…?


下敷き4
アンタ、まさか乗る気…?(゚△゚;ノ)ノ


下敷き5
「その、まさかですニャ」


きなこちゃん…
思いっきりサビちゃんの下敷きになっております…。Σ(゚д゚|||)
下敷き6
しかし、そのままサビちゃんのおケツに敷かれたまま、眠り続けるきなこ…
重くないのだろうか…?(・_・;)


しばらくして、やっと目を覚ましたきなこ。
下敷き7
「うう…ん…」


下敷き8
「・・・・・・?」


下敷き9
「ニャ…?ニャに?」


下敷き10
「ニャンか…重いニャ…?」


下敷き11
「・・・・・・・・・」


下敷き12
「お母ちゃんが乗ってるニャ~!!」


ふざけんニャとばかりに退くきなこ。
下敷き13
「フン!こっちに行こ」


サビちゃん、まんまと乗っ取り成功。
下敷き14
「やったですニャ。独り占めですニャ」

そうは見えないが、ルンルン気分のサビちゃん。


下敷き15
「万歳ですニャ」


一方、きなこは。
下敷き16
なんか変なカッコで、ふて寝するのでした…(-∀-;)
なんなの、その足は…(笑)
スポンサーサイト

2017年02月08日 (水) | 編集 |
うわ~。
約2週間ぶりの更新…(・_・;)

また長いことお休みしちゃいました…

さて。実は。
その間に、新しい木製の猫ハウスを作っておりました~(・Д・)ノ
木製ハウス2号1
これ、ベースはカラーボックスでして…。
ホカペが入らないので、物置とかで眠っている木切れを集めて、
チョイと増築


木製ハウス2号2
カラーボックスの背板に、ホカペのコードを通す穴もあけましたよ


木製ハウス2号3
扉に蝶番をつけて、念願の開閉式にいたしました~
ちなみに、出入り口はのこぎりでギコギコと切り抜きましたよp(*^-^*)q
電動工具は一切使っておりません!


木製ハウス2号4
アーチ部分も、けっこうウマいことできました


木製ハウス2号5
さ~て、あとは下にすのこでも貼って、底上げしときましょう


と、小競り合いで負けたきなこがトイレちう~
木製ハウス2号6


さ~て、その間にも工事は着々と進み…。
扉に鍵をつけて…。
木製ハウス2号7
完成で~す!!!(^^)!


そもそも何故、木のハウス2号を作ったかというと…。
こっ、これがサビちゃんの寝床…ピンクハウスなのですが…。
木製ハウス2号8
きなこがかじってボロボロなのです…。(つД`)ノ



中の壁もかじって、もうすぐ貫通しそうな勢いだったので、
それ以上かじらないように木で塞いだのですが。|ω・`)
木製ハウス2号9
オマエはビーバーかっ!?
という結果に…。


さあ、もうこのピンクハウスはお払い箱よ…。
全部除けてみると、こんな状態~
木製ハウス2号10
中味のウレタンもどうやら食べてるようなので、(カスがほとんど落ちてない)
早急に手を打たねば…!
と、なったわけです…。


木製ハウス2号11
さ!木製ハウス第二号にホカペをセットして…っと
サビときなこ、どっちが使うかわかりませんが、
これでかじられる心配はなくなったわ!+゚。*(*´∀`*)*。゚+


と、またもや小競り合い発生…。(ーー;)
木製ハウス2号12
残念ながら、入る順番を争っているわけではありません…


木製ハウス2号13
しばらく誰も入ってはくれませんでした…。


しかし、気づくときなこが入っていたり、サビちゃんが入っていたり…。
木製ハウス2号14
サビ「ふむふむ。なかなかいい感じですニャ」


木製ハウス2号15
どうやら気に入ってくれたみたいです(*≧∪≦)

2017年01月07日 (土) | 編集 |
最近、たま~に見られるようになったこの風景…。

あぐら椅子1
右足にきなこ、左足にサビちゃん…Σ(´Д`*)


あぐら椅子2
ふたり合わせて、約6㎏の重みがズシリと…(ーー;)


あぐら椅子3
正座とか椅子に座ってると、定員1名ですが、あぐらだと2名乗れちゃいます…(T_T)


あぐら椅子4
大概きなこの方がすぐ降りちゃうんですが。


あぐら椅子5
この時は、わりと長時間ふたりでシェアしておりました


あぐら椅子6
とは言っても、サビちゃんの方が占有率がやや高いですね…(・_・;)
これで大抵きなこが嫌がって降りるんですけどね~。


あぐら椅子7
きなこったら、白目むいて寝てしまいました…(゚△゚;ノ)ノ

足の痺れと戦いつつ、猫飼いとしてはニャンともしゃーわせなひと時でございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2017年01月04日 (水) | 編集 |
ウチのニャンズは、全員ブラッシングが大好きです(^_^)

特にきなこは、ブラシやくし、ごみ箱(毛を捨てる)を見ただけで、鳴きながら寄ってきます♪
ブラシで、まるで闘牛のように誘導も可能です(-∀-;)
セルフ1
「あっ!それは!」


セルフ2
「わぁい!」

してもらうよりも、セルフでぐりぐりする方が好きみたいですけどね…。(^_^;)


セルフ3
ぐ~りぐ~り=(Ф∀Ф)=


セルフ4
「ぐりぐりニャ~!ぐりぐり~!!」


続いてサビちゃん…。
セルフ5
こちらもセルフぐりぐり…。(-_-;)


セルフ6
目が…


そんなサビ母さんを客観的に見て、きなこったら…。
セルフ7
「・・・・・・」


セルフ8
「・・・ニャに?このヒト…」


セルフ9
「ヒクわ~~~~」

しまいにゃスリッカーをベロベロ舐め回すサビちゃんに、自分のことは棚に上げてヒキまくるきなこなのでした…。(ーー;)

2016年12月19日 (月) | 編集 |
サビきな部屋へオジャマしてみました。
退屈しているだろうから、ちょいと遊んでやりますかな(。>ω<。)ノ


サビちゃんがお出迎え
ひざ猫1
「ようこそですニャ」

よいしょ。
部屋の中央に座って、ひもを振り回すという、なんとも怠惰な遊び方ですが…。(-_-;)
だってキツイいんだも~ん!
ひざ猫2
「あ、座ったニャ」


座るや否や、きなこが乗ってきました。
ひざ猫3
「むふふ。今日は座れたニャ」

最近は、サビちゃんに私の膝を取られてばかりのきなこ。
飼ってから3年以上私の膝に乗らなかったサビちゃんですが、おととしから急に乗り始め、ここ最近は私が座るのを今か今かと待っています…。
そして、一度乗るとなかなか降りない。
その間、構ってもらえないきなこはすご~くつまんなそうです。


ひざ猫4
その様子を、こんな所から見ているサビちゃん…。


乗ったり降りたりを繰り返すきなこの隙をついて、席(わしの膝)を強奪
ひざ猫5
「小娘!退くですにゃ!!」
「ニギャッ!!」


ひざ猫6
「むっふっふ。してやったりですニャ」

ご満悦のサビちゃん…。(=∀=;)


ひざ猫7
「ココはアタイの席ですニャ~」


ふと、部屋の外で物音が。
ひざ猫8
「ニャ?何ですかニャ?」


ひざ猫9
「・・・・・・」
そこには、いじけた様子でじっとうずくまるきなこの姿が…。ふ、フビンじゃのう…


しかし、そこは変わり身の早いきなこ。
すぐに戻ってきて、ひもで遊び始めました。
ひざ猫10
「いいもんっ」


ひざ猫11
「えいっ!こいつめ…!」


ひざ猫12
「こうしてくれるニャ!!」


ひざ猫13
「フンガ~ッ!!」

・・・前はきなこの独壇場だったのにね~。
サビちゃんもしょっちゅう乗るようになったからね~。
競争率がアップしちゃいました~(^_^;)

きなこが乗ってても、サビちゃんは無理矢理乗ってくるし…
逆にサビちゃんが先に乗ってると、きなこは遠慮して乗って来れない…。(-_-;)
今のところ、サビちゃんの圧勝ですね…。

いつの日か、母サビちゃんを倒すことを夢見て、特訓している(?)きなこなのでした~p(*^∀^*)q